ソープで働き始めたら幸せになったアラサーのブログ

人生詰んでたので思い切ってソープで働きはじめたら人生がひらけて楽しくなった28才女の日常

ソープがよかった理由

 

こんばんは。山本です。

 

今日はお客様と呑んだくれてました〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

んで、解散早かったので歩いて帰ってたら普段通らない通りだったのもあって楽しくて道草食いまくって予定の倍以上時間かかりました。

 

22時くらいから飲む約束してた飲み友のおじさんが遅いから先帰るレベルで道草くってた。

 

野良猫見てたら浅黒のおばあさんに話しかけられたり

道端でお兄さんに時間聞きたくて話しかけたらわたしより酔ってて

携帯なくしたどうしよう…😞って言われて

知らねーよ!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

って答えたりして帰りました。

もうやだ渋谷区。おもしろすぎてバカじゃん

 

f:id:yamamotoyamaa:20170901003649j:image

 

ビルの明かりは最高。

 

今日書きたいことは、なんでソープで働くのがよかったのか?って話なんですけど

 

わたし元々ホテヘル出身者で、ホテヘルデリヘル歴が長かったんです。

本番なしのヘルスってやつです。すまた〜

 

 

ヘルス時代のわたし

f:id:yamamotoyamaa:20170901004334j:image

 

間違えました

 

f:id:yamamotoyamaa:20170901004741j:image

 

(どっちもわたしです…)

 

ヘルス楽しかった。変態だらけで

ピンサロ→ヘルス→最終手段沈められる場所ソープ

 

って風俗嬢は段階を踏みながら転落していくんだなってずっと思ってました。

働いてるくせに偏見の塊でした。キモ

 

しかし年を重ねるごとにヘルスの変態要求がしんどくなりました。

AFとかね。オートフォーカス

 

わたしが去年の11月頃、風俗に復活したとき入ったお店は「痴漢」がコンセプトのお店でした。

ホテルのハンガーフックにつり革をぶら下げて、総武線とか埼京線の放送音を流してお触りされるのを待ってるスタイル

 

 

何が楽しいの…????????:(;゙゚'ω゚'):

 

 

ちょっと意味わかんなすぎて疲れた。

 

そしてそのお店の店長(21歳)に

わい(27歳)は

 

「本番やりたいから吉原行ってくるわ!」

 

と告げて退店したのでした。

 

笑われたけど、自分の肚と向き合った結果でした。

 

ソープは、やることが明朗でわたしが求めてた理想の仕事だなと思いました。

 

風呂、マット、本番

 

それしかないんです。わかりやすい。最高だ!

 

もっと早く始めてればよかった!!!!!

 

って何度も思いましたよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

転落どころか最高の場所じゃん!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

 

頭がついていかないくらい忙しいのもよかったです。

当時は適応障害若干引きずってた時だったので「楽しく稼げる」が理想でしたし、

その日はこれだけ稼いで帰ろう!が実現できたので

続ける以外の選択肢がありませんでした。

 

 

ヘルスの時とは違う疲労感と充実感と結束感が吉原にはあるなと思いました😊