ソープで働き始めたら幸せになったアラサーのブログ

人生詰んでたので思い切ってソープで働きはじめたら人生がひらけて楽しくなった28才女の日常

何もしなくていいんだって

誰のことも救わなくていいし

救えなくていいらしい

 

わたしにすべてを授けてくれた子宮委員長はるちゃんが表舞台から引退されました(゚ω゚)

 

子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

 

はるちゃんのおかげでここまでやってこれました。

 

別にお金持ちになったわけでも大好きな人と結婚できたわけでもありません。

目に見える何かを手にしたわけでもありません。

 

 

何も持たずにひとりで生きて死んでいく覚悟が出来ました。

 

 

はるちゃんの著書には、わたしが欲しかった言葉がたくさんありました。

 

それを実践していって、自分を思い出すとはどういうことなのかが段々とわかっていきました。

 

わたしの中の潜在意識と向き合いまくるしんどい時間が多かったし、これからもそういう時がきっとやってくると思います。

 

けどそのつらさをきっとまた体感したいし

病んだら自分で治したい。

 

このブログを書き始めた頃絶賛病気中だったけど、時間をかけて治して完治しました。

わたしの中にその病気は居続ける結果になったけど、わたしが自分と向き合った証拠なんだって今は思えます。

 

はるちゃんに直接お会いしたことはないんだけど、自分にそっくり(゚ω゚)

 

しゃべり声とか、自分の声聞いてるみたいでわろた。笑

親近感わいてさらに好きになったー✨

 

 

 

ご先祖さまが紡ぎ続けてくれた魂の頂にいるのってすごいね。

この時代に生まれたのってすごいんだ。

 

 

まあ散々ダラダラと小学生みたいな語彙力で書きまくってますけど

 

 

結局何をしようとここで何を書こうと何を思っていようとすべておまけで

 

生まれた時点でもう最大の幸せは掴んでた。

 

 

これに気づくのに

 

27年を要しました🤣

 

 

 

 

 

ただそのおまけがめちゃくちゃ楽しいものになるように

わたしは今生きることにしました。

 

今からがスタート🤤