ソープで働き始めたら幸せになったアラサーのブログ

人生詰んでたので思い切ってソープで働きはじめたら人生がひらけて楽しくなった28才女の日常

【自分ワーク】好きな人相手に態度が変わる

モテる時ってたくさん男性がいいよってきてくれるけど

 

好きな人には尽くしたい!彼の予定に合わせたい!

って思って我慢して爆発して

好きじゃない人には、いついつは空いてないからむりーこれしたいなーあれしたいなーここ行こうよー

が素直に言えます。

 

そういう人いませんか?!

少なくともわたしだけじゃないはず。

 

なんでなんだろー?って考えた時に

 

この人には嫌われたくない

 

って気持ちが先行してました。

 

予定合わなくても嫌われないしセックスしなくても嫌われないし何もしなくてぼーってしてても嫌われないのにね。

 

何を怯えていたんだろうわたし。笑

 

彼がずっと言ってくれてたことひとつも聴けませんでした(*゚∀゚*)てへへ

 

潜在的なところから来る自己否定は彼のことも否定していたって今となってはわかります。

 

 

わたしの潜在意識はなんでしょう。

 

 

・自分は何かをしてないとできてないと価値がない(セックスしないと嫌われる)

・自分は愛されてない(どうせセフレ要員なんだろう)

 

大きなものはこの二つで、

昔よりもだいぶマシになってきてますがまだまだこの意識は根深いです。

だから改めて自分と向き合う必要があります。

 

こう思うようになったのはやっぱり親との関係。あと兄からの性的虐待

 

お母さんが酒飲んで暴れるのはわたしができが悪いからだ。

お金がないって泣くのはわたしがいるからだ。わたしが生まれて来なければもっと経済的に余裕があったんじゃないかな。

 

ずーーーっと思ってました。

 

でも、お母さんを否定するのではなく

反面教師にしようと思ってたこともやってみたらいいんだって思えるようになりました。

 

それが酒での暴言と破壊。笑

 

母親がお酒飲んで暴れ狂ってるのは小さい頃はただの恐怖。

同じことをしてる。

やってみればいいと思いながらもそんな自分を許せなかった。

 

だから許すことにしました。

暴れ狂って言葉で相手を傷つける自分を許しました。

これは防衛なのです。わたしがわたしを守るすべでした。

 

そうかお母さんも自分を守ってたんだ!って気づきました。

 

だからお母さんのことも許せました。

 

 

お母さんを許せると自分のことも許せました。

 

なんかもう、、今これを書きながら幸せに包まれてます。

 

酒飲んでお母さんと同じように人を傷つけてたのはどうしてだったのか

今やっとわかったんです。

 

わたしは、こうしたかったんだ。

 

最低だと思ってたことをわたしもしたかった。

 

母のように暴れても許してほしかったんだ。

 

自分に許してほしかったんだ。

 

 

すごいーーーー!!!!!爆笑🤣

 

 

 

 

それに気づいてたんだ。

だからお酒飲まなくてよくなってたんだね〜〜〜!!!!

 

 

 

兄からの性的虐待については

 

「幼少期からわたし魅力的だったのか。最高だな(*゚∀゚*)」

 

で解決。

 

久しぶりに自分の心のワークやりまくりで楽しいです。

気づきがいっぱい😊

 

 

台風でなんか外が騒がしいけど出かけてこよう(⌒▽⌒)