ソープで働き始めたら幸せになったアラサーのブログ

人生詰んでたので思い切ってソープで働きはじめたら人生がひらけて楽しくなった28才女の日常

生きることが許されてなかった人生

わたしは物心ついたときから母親に

 

「産んでごめんね」

 

って言われ続けた人生でした。

 

気づいたときから存在を否定され続けてきた人生でした。

 

母親に悪気はなかったと思うけど

「産んでごめんね」を言われ続ける人生と破壊力は凄まじかったです。

 

存在そのものを否定され続ける人生

 

パンチあるなぁ〜👊

 

 

母親が、自分がなにもしなくても生きてていい許可を出せなくて

娘にもそれを振りかざしてしまった。

 

ただそれだけなんですが( ˆoˆ )/

 

子供心に、とてもしんどかったです👧

 

だからわたしの精神年齢は8歳くらいで止まってます👧

 

うんちでゲラゲラ笑うアラサー🙆‍♀️笑

 

 

 

で!!

 

なにが言いたいかというと

 

存在を否定され続けた人なので

 

なにかをしてなきゃ存在してはいけない

 

っていう意識がとっても強い✌︎('ω')✌︎

  

 

休みの日すらも何かしてるし

何もしてなかったら罪悪感で押しつぶされます。

 

 

f:id:yamamotoyamaa:20180921151831j:image

 

そして昨日、世界初 心と宝石をつなぐダイヤモンドEARTH – 【人生を必ず変えるダイヤモンド】でたかぴーのコンサルを受けてきました。

 

わたしが暴走して道がそれても必ず元に戻してくれる、それがたかぴーとさよちゃん。

 

大好きなご夫婦😘❤️

 

ソープやめる〜って話から始まって

 

わたしが今まで目を逸らし続けてきた課題

 

自分の存在を許すこと

 

に焦点をあててみました。

向き合うのつらかったから、ここだけは見ないふりしてました。

 

だって存在しちゃダメだと思ってたから。。

 

存在してる必要がなかったから。

 

そんな人が人生を諦められずにどうにか生きてきて、自分の存在について触れると

おもしろいくらい世界が動き出した。

 

いてもいなくてもどっちでもよかったからね。

生まれた時から失敗も成功もない人だったんだって知った。

 

だったらなんだってできる。

 

わたしは自分の存在をお金にする仕事をすることにしました。

 

今もそうなんだけど、セックスがついて回るのよね。身体的疲労が限界値です。ウェイ

 

もっともっと自分を知る、相手を知る、何ができるかを知る。

やり方はきっとたくさんあって

 

たかぴーがついてるから大丈夫って知ってる🙆‍♀️

 

絶対やり遂げたい。ボッコボコにされても死にかけてもやりたい。

 

生きてる必要なかった人が、きっと誰かの役に立つって思ったらおもしろいよね。

 

わたしがいる意味があと50年間くらいの間に起き続けるんだよ。楽しそう。

 

わたしの人生の目的って

「お互いが笑い合うこと」なんだよね。

無意識にずっとしてきたこと、今度は意識的にやってみたい。

 

やれるだけやってみます。